社長×スタッフ スペシャルトーク

  • TOP
  • 社長×スタッフ スペシャルトーク

社長×スタッフ スペシャルトーク

ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキといった国産バイクはもちろん、ハーレーダビッドソン、KTM、BRPといった海外の個性的なバイクを販売する神山モータースグループ。熊本に住むバイク好きの若い人にとって、そのショップは憧れの職場かもしれません。ここでは、そんな神山モータースグループで働くスタッフと神山社長のスペシャルトーク(座談会)の様子をお伝えします。読み進めていけば、きっと神山モータースグループの仕事ややりがい、そして「これから」が見えてくるはずです。

社長×スタッフ スペシャルトーク

※左から順に、神山社長・緒方(店舗スタッフ)・白石(営業スタッフ)・野々原(店長)

神山モータースって、どんな会社ですか?

野々原:神山モータースといいますと、なかなか県内では扱ってないハーレーダビッドソンというメーカーと、国産メーカーと、あとはスパイダーとか、KTM、また違う外車とかも扱って、熊本県の中では一番大きい会社かなと思います。いろんな車種とか、普通のバイク屋さんと違うなというのはすごく自分は感じおります。

白石:自分まだ入社して1年なんですけど、お客様との距離がすごく近いなと思ってます。お客様も昔からいらっしゃる常連様だったり初めていらっしゃるお客様も必ず神山モータースの名前を知ってくれますので、本当お客様との距離は近いなと感じます。

社長×スタッフ スペシャルトーク

緒方:きちんと評価してくれる会社だと思います。しっかり上司の方が見てくれているので、私もパートから正社員になろうと決めました。

司会者:社長様はスタッフの皆様にこういうふうに働いてほしいとか、社員の方にこのような会社だと思ってほしいなど想いがありますか?

社長:みんな自分の会社だと思って、自分が経営している、回しているつもりで動いてほしいですね。そのような社員は私も評価しますし、親身に我がことのように考えてほしいなと思います。そのように思えれば、本当のチームとしていい具合に動くと思いますので。

司会者:自分の会社と思って、当事者意識を持ってということですよね。

社長:はい!その通りです。

仕事へのやりがいは?働かれて嬉しかったことは?

緒方:中型と大型免許を取得したことです。もともと全くバイク興味なかったですよ。一生乗らない、やっぱり毎日触れ合って、「私も乗りたい!」という心境に変化しましたね。

社長×スタッフ スペシャルトーク

司会者:やっぱり神山モータースで働かなければ、出会わなければバイクに乗ってなかったですか?

緒方:乗ってなかったと思います。

社長:うちにも、ハーレーに乗ってらっしゃるレディースライダーが結構いらっしゃるので、その方々とお話ししてやっぱり感化されたという感じかな?「私も乗ってみたい!」と思ったでしょ?

緒方:はい!まさにそうです!

緒方:いつも後ろじゃつまらないですよね。僕は納車の時とかに、お客様がやっぱり嬉しそうに笑顔になられるですよね。僕もずっと趣味でバイクに 乗ってまして、納車の前とかすごくドキドキして、いざ納車になったらその嬉しさが爆発するというか。やっぱりその顔見るのがすごく嬉しいですね!

野々原:神山モータースといいますと、なかなか県内では扱ってないハーレーダビッドソンというメーカーと、国産メーカーと、あとはスパイダーとか、KTM、また違う外車とかも扱って、熊本県の中では一番大きい会社かなと思います。いろんな車種とか、普通のバイク屋さんと違うなというのはすごく自分は感じおります。

野々原:長年いるのでカスタムなど、自由にやらせてもらっています。情報とか知識とかをフルに使い、どこのディーラーでも実質的には負けたくないと思います。カスタムで相談あったときにはプランを1つではなく、お客さんの要望以上のことを出して、「ここで相談したらすごい勉強になりました」とか言ってもらいたいです。また、紹介で「ここに任せたらいいよ」って言われるのが一番うれしいですね。普通のバイク屋さんでこんなレベルではできないと思います。

社長×スタッフ スペシャルトーク

司会者:技術としても、お客様に提供できる価値としても、自由にやらせてもらってるからこそ、やりがいを大きく感じるっていうことですね。

野々原:入った時によく言われていたのは、とにかく時間かかってもいいけど、質だけは落とすなというのを昔から言われていました。自分は、最初仕事は遅かったけれども、やっぱり間違いない仕事をしないといけないっていう意識のもとやらせてもらっていました。それが身に染みているからこそ、その技術をやっぱりどこにも負けないと思います。ただの車検でも、点検でも、カスタムにおいても、ここに出すと違うなっていうのはすごく出していきたいです。それで見てもらったお客さんが、ここで買って良かったと思って周りに言ってもらい、今ではツーリングの人数も増えましたが、自分は現在100台のツーリングを200台ぐらいに広めていきたいです

社長:自由にさせているというよりは、「感謝を持つ」ことを意識してもらってます。こんな300万も、400万もするバイクを買いに来ていただけるお客さんがたくさんいるです。そのお客さんが300万払いに来るのに手土産持って来られるです。お菓子を持って来てくださったりとか。カスタム100万なんていうお金を払いに来るのに、「お世話になりましたね」と、シュークリーム持ってきたりされる。それはお客様がスタッフに感謝の気持ちを持ってくださってるからだと思うし、その感謝に対してやっぱりスタッフも感謝して、さっき言ったみたいに正直に対応するように常日頃言っています。

社長×スタッフ スペシャルトーク

司会者:なるほど。素晴らしいお考えですね。

社長:気の毒なんです。100万の単位で持ってきて、一緒にお菓子出されますので、こちらが「ありがとうございます」って記念品でもあげないといけない立場なのに・・・。常にお客様はうちのスタッフを気遣って来てくださるので、それはみんなの対応がいいからもありますし、そういう今まで私の先代から培ってきた歴史とか、会社の文化みたいなものですね。

神山モータースをより良くするために、現在の課題があれば教えてください。

白石:僕は個人的な課題ですけど、スペシャリストになりたいと思っています。お客様から様々な質問とかも聞かれるですけど、やっぱり今の場合だとある程度はちょっと時間をいただいて回答とかになるので、なるべくそのラグを無くしたいとは思っています。

社長×スタッフ スペシャルトーク

緒方:私は女性ライダーさんを増やしたいなと思います。また知識身に付けて、カスタムとかもできるようにしたいです。女性ならではの目線で。

野々原:素晴らしいです。

司会者:なるほど。神山モータースが基点となって女性ライダーの文化ができたり、コミュニティーをつくって女性ライダーを増やしたいということですね。

野々原:思い切って話しすると、日本一番のディーラーになりたいです。ただリアルな話は九州一番のディーラーです。誰からでも紹介いただけるような。その分お客さんからの評価もありますけど、従業員としても仲良く、みんながここで働きたいと思えるような楽しいことも考えつつ、ただやることはばっちりやりたいです。「ここの店員さん、すごいマニアックだね」じゃないけど、「任せられるな」というような感じでもっと知識も広めたいです。ただ、周りの目配りとか、お客様への気配りとかを忘れずにもっと成長させて、ディーラーとして名が売れるようにしたいです。野望じゃないですけど。

社長×スタッフ スペシャルトーク

白石:めっちゃ真面目じゃないですか!(笑)

野々原:真面目過ぎます?(笑)

司会者:社長、今のお話にもありましたけど、「九州一」は当然目指していくとして、どういうところで一番を目指したいのかを社長の口からお願いします。

社長:当然会社なので数字的に一番っていうのはあるんですけど、それよりもお客様の評価。さっき店長が言ったみたいに「九州だったら神山モータースに絶対持っていったほうがいいよね」と。神山モータースで買ったことがブランドというか、そういう評価を受けるような会社にしたい。お客様から「ここで買って良かった」って言ってもらえるような、高評価をもらえるような会社になりたいし、スタッフ一人一人もそういうスタッフになってほしいと思います。

仕事へのやりがいは?働かれて嬉しかったことは?

緒方:全く知識がなくても、一から丁寧に教えてもらえるので絶対大丈夫ですって言いたいです!

司会者:僕の印象ですが、バイク好きって結構無限じゃないですか。好きの度合いって関係ありそうですか?未経験の方って?

緒方:関係ないと思います。洋服とかも売ってあるで、洋服好きな人も全然大丈夫です。

社長×スタッフ スペシャルトーク

白石:僕も知識は本当に後で身に付くものなんで、バイクがそんなに詳しくないからって尻込みされて、それは全く杞憂だと思います。接客して思ったのが、意外とお客様はしゃべりたがるです。なので、むしろ知らなくて、「これ何ですか」と素直に聞ける人のほうがお客さんも気持ちよくしゃべれたりしますね。

司会者:なるほど。神山モータースはどういう方を求めて、どういう人と一緒に働きたいですか。

野々原:本当に未経験でも、実際結果としてバイク興味なくて、「え、まじで?」とも一瞬思いましたけど、その子が入社して1年後に「バイク免許取ります」と言って、「は?」と思いまして・・(笑) ちょっとうちの車両またがってみると、重さとか、足つきとか、もうポジティブに「かっこいいですね!」って言った時に、すごいと思いました。
逆に自分みたいに好きから入っている人間からすると、自分も高卒で何も分からない、ハーレー、バイク未経験でそこから入っていきまして、今こういった立場で仕事させていただいて本当恵まれていると思います。だから高卒だからとか、専門学校だからとか、大学だからとか関係なしで全然やっていけます。

社長×スタッフ スペシャルトーク

司会者:そうねんですね。経験、未経験はあまり関係ないですね。

野々原:ちょっとしたかっこいい洋服、アメリカンなバイクっぽい洋服から入ってきて、インスタ見て、「これかっこいいな」と。それだけでも来て見てもらったら、オートバイって実際絵で見るのと違い大きいなと、かっこいいな、高級感あるな、どんな人が乗ってるんだろうなど思って頂けたら・・・。そこからどんどん入っていけます。それがまた仕事にも繋がると思うですよね。そんな感じですかね。

司会者:最後に社長様、どういう人材と働きたいと思われますか?

社長:皆が言ったように、全然興味がない方は別としても、今からオートバイを好きになってくれるようなそういう人材を求めています。うちも人数がだんだん増えてきて、いろんな個性も欲しいわけです。いろんな色が欲しいし、それがいい色に変わっていけばいいです。来る者拒まずじゃないですけど、とにかくやる気がある、ポジティブに前向きにものが考えられる人材が欲しいです。緒方さんなんかは特にそんな縁です。ただ単に「大きなバイク屋があるな」くらいの感じで入社したのに、どんどん免許は取るし、お客様とは積極的にしゃべるし、インスタ・SNS全て上手に上げてくれます。お客様をすごく引きつけてくれますので、そういうふうに自ら考え行動し、進んでチームに入ってくれる、やる気のある人がいいと思います。

社長×スタッフ スペシャルトーク

司会者:ご協力いただきありがとうございます。

CONTACT

お問い合わせ・採用応募